グランプリ名古屋優勝記 by プーさん

お久しぶりです。岩出家のスイーツ担当「プーさん」です。

 

トップページに大々的にお披露目して頂いたのでご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、この度グランプリ名古屋で望外の「優勝」という結果を残す事ができました!仕事や体調不良で時間が大分経ってしまい、すこし””を外している気もしますが、せっかくの機会を与えて頂きましたので、応援してくれた皆様への恩返しの意味も込めて、当日のレポート記事を書かせて頂こうと思います。精一杯頑張ります!

 

◆前日

今回のグランプリ名古屋は、仕事の関係で元々参加出来ない予定だったのですが、直前に仕事の都合がついた事と、名古屋のサイドイベント(デュエルコマンダー杯)に興味があったので、我らが岩出家の当主である義さんに頼みこんで急遽参加することにしました。

 

金曜日は、会場に着いてから軽くショップを見て回り、楽しみにしていたデュエルコマンダー杯に参加です。

デッキはデリーヴィー、、、が禁止されてしまったので、《戦争のアスラ、ジェナーラ》を選択しました。LMC勢のあじわいさんに負けてしまいましたが、それ以外は勝てたので4-1の三位でした!デッキレシピ書くのが大変でした。。。

 

その後、義さん達と前夜祭に参加して楽しみ過ぎて、まだ始まってもいないのに大満足してしまいました。

しかし、そこは本番が明日という事もあって早めに就寝することに。

(まあ仲間内でEDHをやりたい方がいましたが、その意見は勿論却下w)

 

◆初日

今回はノーバイという事で、スリープインの恩恵には預かれず早めに会場へ。少し時間を潰した後にいよいよ本戦開始です。

 

シールドのデッキは以下の通り

 

-土地(17)-

 8 《沼》

 5 《森》

 2 《山》

 1 《奔放の神殿》

 1 《欺瞞の神殿》

 

-クリーチャー(15)-

 1 《レイナ塔の英雄》

 2 《旅するサテュロス》

 1 《悪意の幻霊》

 1 《葉冠のドライアド》

 1 《霧裂きのハイドラ》

 1 《彼方の工作員》

 1 《つややかな雄鹿》

 1 《クルフィックスの狩猟者》

 1 《ネシアンの狩猟者》

 1 《オドゥノス河の底さらい》

 1 《フィナックスの信奉者》

 1 《不機嫌なサイクロプス》

 1 《アスフォデルの灰色商人》

 1 《形見持ちのゴルゴン》

 

-呪文(8)-

 1 《槌の一撃》

 1 《稲妻の一撃》

 1 《窒息死》

 1 《忌まわしい変身》

 1 《屍噛み》

 1 《金箔付け》

 1 《死の国の重み》

 1 《一口の草毒》

 

デッキは個人的な評価では「中の上」という印象でした。

一応レアを六枚使いきっての緑黒t赤になりましたが、練習不足で構築には納得できていませんでした。

しかし”相手の事故”や”相手の事故”に助けられて、あれよあれよと言う間に9-0という結果がついてきて、本人がいちばんびっくりしました。自己評価を大幅に上回る好感触だった事もあり、次回(があれば)はこの経験を活かしたいと思います。

 

本戦終了後は、待っていてくれた義さん達と会場近くの手羽先が美味しい店にて、初日全勝を祝って大いに騒いでホテルに直帰。次の日の戦略を話し合ってすぐに就寝しました。

 

◆二日目

本戦二日目のドラフトは、前日に確認した戦略(「黒」をメインにドラフトし、流れに従ってタッチ色を決める)に従って、1stドラフト:黒緑、2ndドラフト:黒緑とデッキを組みあげました。

1stドラフトは見事戦略がはまり、かなり強いデッキを作る事が出来ましたが、2ndドラフトは正直あまり強いデッキに出来なかったので、初戦を落とした時点では、トップ8は無理だと諦めかけていました。ところが、負けた後で友達に「切り替えていこう!」と言われて開きなおれたのが功を奏したのか、その後に2試合を連勝出来ました。気持ちが落ちかけていた時に励ましを貰えたのは本当に良かったです。今でも感謝してます!

 

結果、ドラフト2回を2-1、2-1の4勝2敗でまとめる事が出来たので、見事4位通過でトップ8に残ることが出来ました!

 

トップ8に残った事はとても信じられませんでしたが、残って応援してくれる仲間がいたので気持ちを切り替えて、いざ決勝ドラフトへ!

 

戦略は一日通して同じでいこうと決めていたので、決勝ドラフトにも「黒」決め打ちで臨みました。

その方針に従って初手は胆汁病からスタート。そして二手目に炎輪のフェニックスが流れて来た事を皮切りに「赤」の流れが止まらず、黒決め打ちの戦略もハマり、以下のようなデッキが完成しました。

 

-土地(17)-

 9 《沼》

 8 《山》

 

-クリーチャー(15)-

 1 《ニクス生まれの幻霊》

 1 《無謀な歓楽者》

 1 《攻撃の元型》

 1 《ミノタウルスの頭蓋断ち》

 1 《モーギスの匪賊》

 1 《夜の咆哮獣》

 1 《槍先のオリアード》

 2 《洞窟のランパード》

 1 《フィナックスの信奉者》

 1 《燃えさし呑み》

 1 《炎輪のフェニックス》

 1 《強欲なハーピー》

 1 《パーフォロスの使者》

 1 《野蛮な祝賀者》

 

-呪文(8)-

 2 《ファリカの療法》

 1 《胆汁病》

 1 《稲妻の一撃》

 1 《神々の憤怒》

 1 《ケラノスの稲妻》

 1 《パーフォロスの槌》

 1 《鞭の一振り》

 

-サイドボード(19)-

 1 《液態化》

 1 《目抉り》

 1 《タイタンの力》

 1 《毒蛇座の口づけ》

 1 《エレボスの催促》

 1 《悪魔の皮の喧嘩屋》

 1 《難題への挑戦》

 1 《災いの印》

 1 《選別の印》

 1 《メレティスの守護者》

 1 《サテュロスの笛吹き》

 2 《死の国の重み》

 1 《殺し屋の行動》

 1 《エファラの管理人》

 1 《ケイラメトラの侍祭》

 1 《迷宮の勇者》

 1 《蘇りし者の行進》

 1 《ファラガックスの巨人》

 

《夜の咆哮獣》《燃えさし呑み》《炎輪のフェニックス》《パーフォロスの槌》の強力なレアを主軸に、十分な量の黒除去が取れて、大会の最後にして初めてデッキは十分に納得できる形に。

そして、冒頭に書いた通りに、このデッキで優勝という結果を残す事になりました。優勝が決まった瞬間は今でも覚えていて、本当に嬉しい気持ちで信じられませんでした。

 

最後に

こうして改めて振り返ってみて、支えてくれた岩出家やLMCの仲間がいたことと、最後まで楽しみながらマジックを出来たことが、この”優勝”という結果に繋がったのだと思います。

権利を得たプロツアーには、まだ参加出来るか分かりませんが、今後もこの素晴らしい仲間とマジックを楽しめたらいいなと思っています。

 

皆さんも興味がありましたら、仲間とこんな経験が出来るかもしれないグランプリに参加してみるのも凄く良いと思います。そこではいつも通り岩出家のメンバーが馬鹿騒ぎしているかもしれませんし、全く新しい発見があるかもしれません。いつでも挑戦待ってます!(※編集による勝手な追記)

 

楽しんで頂けたかは分かりませんが、最後まで読んで頂き本当に有り難うございました。それでは、またLMCの会場でお会いしましょう!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ヒューチャー@岩出家 (水曜日, 21 5月 2014 16:42)

    記事書くの遅いよ!w(挨拶

    優勝おめでとう。

    初日9-0した時は「まさかな…」とは思ったけど終わってみれば、そのまさかとなったこと…
    俺はGP優勝者が仲間にいることを誇りに思うよ。
    しかも9-0した日の夜に、義さんと3人で練習したドラフトのピック練習をそのままいかすなんて…

    本当にありがとう!!
    そして、おめでとう!!
    これからも仲良く楽しく一緒にマジックしよう!!

  • #2

    義@岩出家 (水曜日, 04 6月 2014 14:02)

    久しぶりに遊んでもこの話題になるよねw

    これからは追いかけられる存在としてひたむきに走り続けましょう^^

    家主は全力でサポートするよ^^

    おめでとう!

LMCポイントレース

(※ 2017/5/5更新)

# Name Pt
1 鵜澤 佑矢 10
2 小林 浩徳 7
3 菅谷 裕信 6
3 泉谷 圭亮 6
5 ナガイ タカユキ 5
5 冨澤 晋 5
5 長谷 俊 5
5 今井 健太 5
5 佐々木 資門 5
5 菅野 充臣 5
5 スズキ タツロウ 5
5 久徳 竜一 5
5 小林 遼平 5
5 武田 洋 5
5 矢田 和樹 5

Twitter