「99+1枚の札束」の世界への招待 by ヒューチャー

はじめまして、岩出家のヒューチャーと申します。
「お前だれ?w」と思われる方が大半だと思いますので簡単に自己紹介させて頂くと
 
【GPに行く目的は、サイドイベントのEDHだけ!の自称EDH厨】
 
以上です。
 
この度、めでたくLMCでもデュエルコマンダー(以下DC)がサイドイベントとして開催される事になりましたので、EDHジャンキーである私ヒューチャーに白羽の矢が立ち、晴れてDC並びに統率者戦(以下EDH)についての記事を書かせていただくことになりました。
 
■LMC デュエルコマンダー開催告知記事(こちらも併せてご覧下さい)
 
今回は入門編として、(独断と偏見に基づいて編み出した)DCとEDHのデッキ制作方法を紹介したいと思います。
 
【一、「強い」デッキより「使いたい」デッキを目指そう!】
これは、あなたが99枚+1枚の束と長く楽しむために必要な、とても大事なファーストステップです。
何故なら、統率者戦は他のフォーマットと比べて、かなりデッキを作る為に手間がかかるので、そう簡単に作り直す事が出来ません。よって、「手に馴染む」事がなにより優先されるのです。
マジック:ザ・ギャザリングの名の下に印刷された、ほぼ全てのカードが使えるフォーマットですから、あなたの好きなカード・デッキタイプで作っていきましょう!そこから「このデッキを強くするためにはどうしたらいいんだろう?」と考えればいいんです。
環境の最強デッキを作ったところで、それがあなたに合わなかったらそれは【最強ではない】のです。
 
 
【二、噛み合うカードを出来るだけ探そう!】
実は、この工程が1番大変だったりします。
先にも触れましたが、マジックの歴史はとても長く、使えるカードの量も膨大です。
1つのカードを取っても、似たような効果を持つカードは沢山あります。
また、そのカードとシナジーを生み出すカードも沢山あります。
そこで、いきなりデッキを組もうとせず、まずはそんなカード達を少しでも多く見つけていきましょう!
見付けた数だけ、あなたのデッキの幅は拡がり・強くなります。
友達・先輩・ショップの店員さんに聞いたり、他の人のフリー対戦・店舗のイベント結果・マジックに関するブログ記事などを見たりと、カードを見付ける方法はいくらでもあります。
アレも使えそう!コレも強そう!と探していくと、気付けば候補にあがるカードは100枚を軽く越えているはずです
 
 
【三、自分に合った土地の枚数を見極めよう!】
マジックというゲームは、よほど特殊なデッキで無い限りは土地が無ければゲームになりません。
そこで、候補にあがったカードのマナ域を眺めながら、土地の枚数を決めていきましょう。
マナが沢山かかる強力なカードで溢れた候補カードを使いこなすには、少し多めの土地を入れて、
軽くて小回りの利くカードが大多数であれば、土地の枚数を少なくして、といった基本的な考え方は変わりませんが、
専用デッキになりがちな統率者戦の場合は、自分が土地を引きやすい人間か?引きにくい人間か?なんて事も考えて良いと思います。
ちなみに、フォーマットの特性上、どうしても動きが不安定になる事から、初めは土地の枚数を多めにしておく事をオススメします。
(編注:あくまで目安として、土地の枚数はスタンダード等と同様に4割程度)
 
 
【四、候補カードの中から不要なカードを抜いていこう!】
100枚のデッキに土地が40枚程度入る事が決まりました。
そして先に見つけた候補カードの山には、100枚を超えるカードが眠っているはずです。
と言う事は、約4割のカードがデッキには入らない事になります。
今度はこれを取捨選択していきましょう。
最初からデッキ全体の動きなどは考えないで「強い!」と思ったカードだけを残しても良いですし、逆に弱いと思ったカードを順番に外していっても良いです。
そうやって候補から抜いたカードは、デッキと常にセットで持ち歩いておけば、
いざ対戦して強いと思っていたのに案外弱かったカードを、すぐ入れ替えて調整する事が出来ます。
 
 
【五、99枚+1枚の束が出来たらひたすら対戦しよう!】
対戦相手のデッキは多種多様で、知らないカードや思いもよらないカードも登場するかもしれません
あなたが強いと思ったカードが本当に強いかは、実際に対戦して使ってみないとわからないものです。
百聞は一見にしかず。頭でずーっと考えるよりも、とりあえず対戦してみましょう。
そして対戦していくと気が付きます。
「このカード、負けるときにいつも手札に残ってる!」
「このカード、マリガンで真っ先に切るなぁ」
きっとそのカードはデッキに不要なカードです。
「出したら」強いカードはたくさんあります。
でも、そのカードは「出せない」から手札に残ったのです。
「出せそうにない」からマリガン候補になるのです。
「出せないカード」より「出せるカード」をデッキに入れましょう!
 
 
【六、デッキ内のシナジーを意識しよう!】
たくさんの対戦をして、100枚の束はかなりデッキらしくなってきたと思います。
そこで、そろそろデッキに入れたカードが上手に使えているか?を意識してみましょう。
例えば、《繁茂/Wild Growth》。
1マナのマナクリーチャーと同じ役割で終わる事が多いこのカードでも、《断絶/Snap》や《不実/Treachery》のように、土地をアンタップする能力と合わせると、更に1マナを追加で生み出す事が出来ます。
土地4枚と《繁茂/Wild Growth》では5マナしか生み出せませんが、《断絶/Snap》の土地を起こす効果で《繁茂/Wild Growth》が付いた土地を起こせば、6マナを生み出して《首席議長ゼガーナ/Prime Speaker Zegana》をキャストする、なんてこともできますね。
こうしたカードの組み合わせを意識することにより、そのデッキの個性が現れ、同じ色のジェネラルでも全く違うデッキを作る事ができます。
 
 
【七、「必須カード」は気にしないようにしよう!】
統率者戦のデッキを作る上で、どんなデッキに入れても強いから「必須」のカードとして語られる物がありますが、これについて私は基本的に「必須な物は無い」と考えています。
ここまでお話してきたように、個々のカードにはそれぞれが最高の力を発揮出来るデッキや組み合わせがあって、その役割は様々です。
それがどんなに強いと言われているカードであっても、本来の力を発揮出来ないと判断した場合、私は基本的にデッキには入れません。
マナクリーチャーであっても、サーチスペルでも、ドロースペルも全て同じです。
カードの値段や前評判ではなくて、デッキに入れて強いかどうか?で使うカードを決めるべきだと思います。
 
 
【八、「対策カード」を使う意味を理解しよう!】
特にEDHのデッキリストでよく見られますが、特定の色に対抗するカード(《花の絨毯/Carpet of Flowers》など)が入っている事があります。これについても私は基本的に入れません。
入れるとするならば「そのカードが他のカードとシナジーがある」場合のみです。
根本的に「対策カード」の効果は、対戦相手のデッキに大きく依存し、自分のデッキの勝ち筋に貢献しません。
酷い場合は、対策しているにも関わらず相手の動きやコンボを封じられない事もあります。
そんな効果が不安定なカードで相手の邪魔をしている暇があるなら、自分の勝ち筋に直接貢献するカードを採用して、デッキのスピードを上げてさっさと相手を倒しましょう!
 
(妨害してるよりも場が盛り上がりますよ!w)
 
 
最後に、私の偏見を我慢してお読みいただいたあなたに上記を元に製作した私のデッキを2つ紹介して終わりたいと思います。
 
3日前くらいに「トレストの密偵長、エドリックを使いたい!」って思いだけで作った、
DC用【精霊の魂、アニマー/Animar, Soul of Elements 】
 
メムナイト
ラノワールのエルフ
エルフの神秘家
フィンドホーン・エルフ
東屋のエルフ
ボリアルのドルイド
ジョラーガの樹語り
銅角笛の斥候
森を護る者
桜族の斥候
炉の小悪魔
煙束ね
炎樹族の使者
水蓮のコブラ
花を手入れする者
ティタニアの僧侶
スクリブのレインジャー
エルフの幻想家
とぐろ巻きの巫女
武道家の庭師
歩く大地図
呪文滑り
葉の王エラダムリー
ファイレクシアの破棄者
トゲ尾の雛
呪文づまりのスプライト
コー追われの物あさり
フェアリーの大軍
空殴り
サプラーツォの相続人
トレストの密偵長、エドリック
帝国の徴募兵
詐欺師の総督
やっかい児
ウッド・エルフ
巡礼者の目
猿人の指導霊
Elvish Spirit Guide
シルヴォクの模造品
大クラゲ
スカイシュラウドの切断獣
エレンドラ谷の大魔導師
造物の学者、ヴェンセール
火炎舌のカヴー
這い耽り
ファイレクシアの変形者
熟考漂い
酸のスライム
収穫の魂
始原の賢者
恨み唸り
 
緑の太陽の頂点
大軍の功績
 
俗世の教示者
召喚士の契約
召喚の調べ
 
楽園の拡散
繁茂
森の知恵
釣り合い
タッサの二叉槍
沿岸の海賊行為
 
頭蓋骨締め
稲妻のすね当て
出産の殻
 
魂の洞窟
統率の塔
真鍮の都
古代の聖塔
ガイアの揺籃の地
ドライアドの東屋
新緑の地下墓地
乾燥台地
霧深い雨林
吹きさらしの荒野
血染めのぬかるみ
溢れかえる岸部
沸騰する小湖
汚染された三角州
樹木茂る山麓
森×2
島×2
Volcanic Island 
Tropical Island  
Taiga
蒸気孔
繁殖池
踏み鳴らされる地
滝の断崖
溢れかえる果樹園
火の灯る茂み
シヴの浅瀬
ヤヴィマヤの沿岸
カープルーザンの森
内陸の湾港
根縛りの岩山
 
 
 
 
GP静岡で延べ対戦者数24人中20人倒してきた、
EDH用【首席議長ゼガーナ】
 
極楽鳥
東屋のエルフ
ティタニアの僧侶
ラノワールの使者、ロフェロス
献身のドルイド
金粉のドレイク
幻影の像
水蓮のコブラ
ウッドエルフ
激情の共感者
永遠の証人
騙り者、逆嶋
ファイレクシアの変形者
クローン
クルフィックスの預言者
流浪のドレイク
映し身人形
狙い澄ましの航海士
前駆のミミック
ゼンディカーの報復者
森林の始源体
パリンクロン
巨大鯨
孔締のビヒモス
飢餓の声、ヴォリンクレックス
真実の解体者、コジレック
 
緑の太陽の頂点
歯と爪
自然の秩序
袖の下
時のらせん
親身の教示者
森の教示者
三顧の礼
自然の知識
木霊の手の内
耕作
荊州占拠
時間操作
時間の熟達
 
俗世の教示者
神秘の教示者
召喚士の契約
召喚の調べ
内にいる獣
断絶
サイクロンの裂け目
残響する真実
大あわての捜索
Mana Drain
 
Mana Crypt
太陽の指輪
雲上の工芸品
 
繁茂
楽園の拡散
肥沃な大地
はびこり
新緑の安息所
夜明けの反射
マナ反射
不実
大地の知識
森の知恵
適者生存
 
冠雪の森×10
島×3
フェッチ×7
Tropical Island
繁殖池
溢れかえる果樹園
統率の塔
ヤヴィマヤの沿岸
真鍮の都
反射池
カルニの庭
ドライアドの東屋
ガイアの揺籃の地
すべてを護るもの、母聖樹
邪神の寺院
古えの墳墓
激浪の研究室
水辺の学舎、水面院
 
 
 
 
最後までお付き合い頂きありがとうございました!
LMCでお会いしたときは是非僕とDCでもEDHでもしましょう!(^O^)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    (土曜日, 18 1月 2014 07:48)

    DCもEDH同様面白そうですね!
    今後もデッキ構築よろしくお願いします(≧∇≦)

Twitter